貸金業にもしっかりと法律が規定されている

法律

貸金業にもしっかりと法律が規定されている

貸金業にもしっかりと法律が規定されている

法律というのはかなりしっかりと定義づけをすることから始まったりします。
例えば貸金業法というのがあるのですがこの貸金業とは何であるのかということかは関係を語ることになります。
例えば貸金業から除かれるものというのがあります。
それは国又は地方公共団体が行うもので、貸付けを業として行うにつき他の法律に特定の規定があるもの、物品の売買運送保管又は売買の媒酌を業とするものがその取引に付随して行うもの、事業者がその従業員に対して行う貸付など、というのが貸金業から除かれるものになります。
そこそこ当たり前のことも言っているのですがわざわざこれは貸金業ではないということを貸金業法で規定しています。
貸金業又は貸金業を営む者というのは登録を受ける必要があります。
これも貸金業法で決まっていることです。
登録自体はそこまで難しいのではないのですが貸金業取扱主任者という資格持ちを事業所に置く必要があります。
これも貸金業法という法律で規定されていることになります。