基礎化粧品の日付記載は医薬品医療機器等法に関わる

法律

基礎化粧品の日付記載は医薬品医療機器等法に関わる

基礎化粧品の日付記載は医薬品医療機器等法に関わる

美容への関心が高い女性たちにとって、基礎化粧品を使うことは毎日の日課です。
化粧水をはじめ美容液に美容クリームなど、肌を美しくするために、さまざまな基礎化粧品は欠かせません。
毎日愛用をするだけに意識が薄くなりやすいですが、肌を整える基礎化粧品にも、それぞれに使用期限があります。
化粧品の安全性と質の安定のために、医薬品医療機器等法があり、基礎化粧品も法律で管理されるひとつです。
美容液や美容クリームなどに製造年月日が記載されていたり、有効期限が記載されているのは、含まれる成分が3年以内に、何か変化を起こすかもしれないために、日付が入っています。
でもすべてのスキンケアコスメに、いつまで使用できるのか、いつ製造されたのか、必ず記載があるわけではありません。
法律で表示義務があるのは、品質の変化が予測される化粧品であり、開封しないままで3年以上経過しても、化粧品に問題がない商品には、有効期限なども書いてはありません。