人事に関わる担当者が最低限知っておきたい法律

法律

人事に関わる担当者が最低限知っておきたい法律

人事に関わる担当者が最低限知っておきたい法律

50人ほどの規模の中小企業は総務と人事を担当する社員は1人または2人がほとんどです。
総務と人事は社員の入退の社会保険や労働保険の手続きやメンタルヘルスなど幅広く担当することになります。
人事に関わる担当者が最低限把握しておく必要がある労働関係法令があります。
労働者の権利を保護する法律は労働基準法と労働組合法そして労働関係調整法の3点が知っておきたい法律です。
労働基準法は労働者を雇うときの賃金や休日などの最低限の労働条件を定めています。
労働組合法は労働者の中から選ばれた代表者と会社側で団体交渉やストライキなどのルールを定めています。
労働関係調整法は労働紛争が起きないように予防策や解決法を定めています。
他にも育児介護休業法や最低賃金法など労働関係法はいろいろあります。
数多くある労働法は頻繁に法改正されます。
総務と人事を担当する社員は1人または2人になることが多く、数多い業務に頻繁に改正される法令に対応することは大変です。
人事担当者が少ない企業ほど社会労務士など専門家にアドバイスやサポートを依頼することが多いです。