契約というのもしっかりと法律で決まっている

法律

契約というのもしっかりと法律で決まっている

契約というのもしっかりと法律で決まっている

法律というのはすなわち契約でもあります。
貸付に関する契約というのもしっかりと法律によって決まっています。
キャッシングなどでは極度方式基本契約ということをしていることが多いです。
これは資金需要者である顧客に対しあらかじめ定められた条件に従って返済をすることを目的にして顧客の請求に応じて利用限度額内において貸付を何度でも行うという方法になります。
典型としてはリボルビング方式などがあり。
こうした貸付に関する契約というのもしっかりと法律によって定められていることであり勝手に行ってはいけませんし、また自由に条件を決めて良い範囲が決まっています。
特に入れるのは利息に関することでありこれは利息制限法という法律によって決まっていることで10万円以下であれば20%以内10万円以上100万円以下であれば18%以内ということが決まっています。
これを越えますと過払い状態になり当然返還請求などが行われることになりますしあまりにも悪質な場合業者としての登録が抹消されることもあります。